本文へスキップ

鉄道総研グループ

健全度調査・診断・対策健全度調査・診断・対策

街と鉄道の絵

旧式構造物を含む様々な構造物の調査を行い、健全度や経年劣化の程度を診断し、損傷原因に応じた補修工法を提案します。



コンクリート橋(高架橋、コンクリート桁)

  • 落下危険個所を含め、ひび割れや剥離などを現地で近接目視により調査します。
  • コンクリート・骨材などを採取して各種試験で分析し、損傷原因を究明するとともに健全度を診断します。また、耐久性の診断も行います。【材料試験・分析】









鋼橋(鋼桁、合成桁)

  • き裂や腐食などを現地で近接目視により調査します。
  • 損傷の原因を究明するとともに、進行性や冗長性、耐力の評価などを行って健全度を診断します。【実験・解析】
  • き裂、腐食、塩害など損傷原因に応じて鋼板当て板工法などの対策工法を提案します。
    【CSCシステム】




橋台・橋脚

  • ひび割れなどを現地で近接目視により調査します。
  • コンクリート・骨材などの各種試験分析結果から損傷原因を究明するとともに健全度を診断します。また、耐久性の診断も行います。【材料試験・分析】
  • 高架橋と同様衝撃振動試験を行って固有振動数を求め、標準値や解析などにより定量的に健全度を診断します。【衝撃振動試験】
  • 塩害、アルカリシリカ反応など損傷原因に応じた対策工法を提案します。
    【SSI工法】【SAAR工法】【材料試験・分析】




トンネル

  • ひび割れや剥離などの損傷を現地で近接目視や打音などで調査します。
  • 損傷や漏水の状況、地質などから原因を究明し健全度を診断します。
  • 損傷原因に応じて覆工背面の空洞へのモルタル注入などの対策工法を提案します。
    【実験・解析】




自然斜面・盛土

  • 変状や地形、地質を現地踏査などによって調査します。
  • 地面・土中で水位などの計測を行うとともに、地山資料の物性試験を行って変状原因を究明するとともに健全度を診断します。【材料試験・分析】
  • 斜面の状況に応じた対策工法を提案します。





私たちの核になる技術